スポンサーサイト

2015.11.04 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    潜入! 函館蔦屋書店!!(前編)

    2013.12.06 Friday

    0
      JUGEMテーマ:日々のくらし

      カテゴリ:行ってきたよ(散策)

       ・・・と、大げさなタイトルにしてしまいましたが、気になった余り、12月5日オープンの、話題のあの店に、・・・やっぱり、行きたかったから、行っちゃいました!!


      ・・・「函館蔦屋書店」に行きましたっ!!!

       ちなみに、公式サイトもオープンしておりました。(「函館蔦屋書店」(http://www.hakodate-t.com/))

       「もしかして、人が結構来ているのではないのだろうか・・・?」 そんな心配をしつつ、中に入っていってみたのですが・・・、以外にも、あまり大っぴらにオープン日を公表していなかったせいか、午前10時(注意:通常は、午前7時からオープンです)のオープン前、人がぼちぼち・・・、といった所でしたねぇ、うん。

       しかし、それよりも、報道陣のカメラが結構来ていて、午前10時のオープンは、そのカメラに囲まれつつの入店となってしまいましたぁ〜・・・(照)

       それで、店の中は、とっても広くて、開放的で、これは、ツイッターなどでもよく言われているみたいですが・・・、「まるで、函館らしくない!!」(いい意味で) そのまま、あの「代官山蔦屋書店」の雰囲気を、函館に持ち込んできたような感じでしたねぇ、本当に。

       後、印象的だったのは、筆記用具の試し書きの場所が多かったり、子供を自由に遊ばせるスペースがあったり、なんと、システムキッチン(!)もあったので、これは、料理教室を開いたりする時に使うものだろうか・・・? そう思えたのですけどねぇ、うん・・・。

       あっ、大体、どんなお店があるのかといいますと・・・。

      131124_134758.jpg
      (※この写真は、別の日に撮影したものです)
      看板、左上から「ファミリーマート」(以下ファミマ)、「スターバックス」(以下スタバ)、「ソフトバンクの携帯ショップ」(←個人的にここは、あまり興味が無いですね、ドコモのガラケー使いとしましては・・・(汗))、化粧品のお店(函館、初出店!)「CoLe Colle(コレコレ)」(http://www.colecolle.com/)、ここも、函館、初出店の輸入玩具店、「ボーネルンド」(http://www.bornelund.co.jp/shop/)、そして、フラワーショップの「verde CHIOSCO(ヴェルデ キオスコ)」と、レストラン「FUSU(フースー)」(後編でご紹介いたします)、蔦屋書店が入居している訳です。

       とりあえず、ここで色々と目的もあったので、その目的も果たしつつ、蔦屋書店の中を回って行きます。
       (後編に続きます。)

      スポンサーサイト

      2015.11.04 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL