スポンサーサイト

2015.11.04 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    水曜どうでしょう 東北キャラバン @2014,8、9 青森 アスパム(後編)(「アレスノモノカキ 5周年記念 サマースペシャル (5)」)

    2014.08.12 Tuesday

    0
      JUGEMテーマ:水曜どうでしょう

      カテゴリ:行ってきたよ(イベント)

       それでは、「水曜どうでしょう 東北キャラバン」青森アスパムhttp://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1300)の続きです。
      打首獄門同好会
      Living,Dining&kitchen Records
      ¥ 2,700
      (2014-08-20)


       アスパム内にあります、フードコートで昼食を摂った後、再び、整理券番号待ちに入ります。

       後、話が前後いたしますが、トラックのステージにて、以前、「打首獄門とラグランジェ」(後半、今回の記事と関係ないCDの紹介もありますが、ご了承下さい・・・m(_ _)m(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=963)で、ご紹介いたしました、「打首獄門同好会」の皆様も、ミニライブを披露、「88」や、新曲の「ヒゲは走る」を演奏しておりました。
      ちなみに、8/20、ベストアルバム「10獄〜TENGOKU〜」をリリースするそうです

       只、整理券番号待ちしているのも何なので、会場内を、色々と見て歩いていたら・・・、

      DVC00058_2.jpg

       以前の青森行き(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=553)や、2月の北海道新幹線のイベント(http://aleswriteer.jugem.jp/?eid=1122)の時に出会った、青森のご当地キャラクター、「いくべぇ」が、会場内に現れました!

       そして、ステージに上がって行き、青森の観光課の方々と、青森の魅力を紹介しておりました。
       (いくべぇ、来てくれてありがとねぇ〜♪)

       いくべぇを見た後は、何となく、青森の名産を食べたくなったので・・・、

      DVC00054.JPG

       アスパム内で、「りんごソフト」を買って、食べました。
       美味しかったです(^v^O)

       それから、ほぼ、これを食べた後、何と、「黄色いアイツ」の登場です!

      DVC00051_2.jpg

       ・・・そうです、「onちゃん」です!!

       今回のキャラバンでは、HTBの女性アナウンサー(注意:佐藤麻美さんでは、ありません)の方が、司会となり、onちゃんとの、大じゃんけん大会を開催。

       ちなみに、ワタシは、2回戦で、onちゃんに敗退・・・。
       でも、今回の青森、じゃんけん強い方々が多かったなぁ。

       後、じゃんけん大会終了後、onちゃんが会場中を歩いていたのですが、会場内にいた方々に、スゴク、onちゃんが取り囲まれていて、まるでアイドルのようでした、onちゃんが。

       しかも、onちゃんが、バスに乗って撤収する際、バスのドアに入っていく様は、「見せ場」となり、会場が沸いておりました。

       そうこうしている内に、写真撮影と、グッズ購入の順番が回って来ました。
       
       藤村さんと、嬉野さんと一緒に撮った写真は、ここでは、UPしませんが、ワタシの撮影手順ミスにより、ちょっとだけ、藤村さんに罵られた(いい意味で、ね・・・(^^;)事も、グッズ、予算不足で余り買えなかった上に、欲しかった青森のタオルも、売り切れてしまったけれど、これら、みんな、・・・「この夏のいい思い出」です!!

       ・・・しかし、最後までいたかったけれど、他に行きたかった所があったのと、帰りのフェリーの手続きの事を考えて、途中抜けしました・・・。

       でも、とっても楽しかったです♪
       藤村さん、嬉野さん、てんちょこと、石坂さん、そして、HTBのスタッフの皆様、ありがとうございますm(_ _)m
       そして、キャラバン後半戦も、頑張って下さいね。

       「8/9 東北キャラバン アスパム」の写真ギャラリーが、UPされておりますhttp://www.htb.co.jp/caravan/event/140809/

      スポンサーサイト

      2015.11.04 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL