スポンサーサイト

2015.11.04 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    市内6劇団合同公演 「夢の海賊」(追記あり)

    2011.11.27 Sunday

    0
        昨日、今日と、函館市芸術ホールにて行われた、市内6劇団(劇団はこだて、劇団函館創芸、劇団自由飛行館、劇団G4、芝居組「虎」、函教大演劇集団 劇団アズ)合同公演の、「夢の海賊」を今日の昼公演にて、観てきましたので、それについて書きたいと思います。

       舞台は、主人公のサラリーマン、「三宅ツトム」の「夢」の世界。彼を「パジャマ殿下」と慕う動物たちが彼のために宝物を作れば、それを狙った海賊たちが海の向こうからやってくる。

       そこは冒険の風が吹く輝かしい世界。  しかし、ツトムの「現実」が、次第に、「夢」の世界に干渉し出し始めてきてしまうのですが、「このままではいけない!」と、マクラ姫が危険をかえりみず、夢の王国へと戻ってくる・・・・・・、そして、ツトムは、「夢」を取り戻せるのか?

       ・・・と、いった物語でしたが、この話、個人的にですが、もっとファンタジー色が強い舞台かと思っていたら、現実社会のシビアな、「仕方なさ」や、「やりきれなさ」、我々が、日常の生活の中で、次第に失っていく、「夢」の「儚さ」を巧みに描き出し、かなり、”寓話”めいた話で、「・・・思っていたのとは、何か違うテイストの話だなぁ・・・・・・」と、観ている途中で、そんな違和感すら感じたのですが、この違和感は、ツトムが夢を思い出した時の、マクラ姫のセリフで、ようやく、腑に落ちたんですよね・・・。

       「・・・宝物から、物語が生まれ、その芝居を観た観客が、その思い出で輝きを放つ・・・」(・・・みたいなセリフです、うろ覚えでごめんなさいm(_ _)m) ・・・・・・このマクラ姫のセリフが、とても、「夢の海賊」で伝えたかった、素敵なメッセージだと分かった(・・・個人的にですよ!)時は、「あぁ、この舞台、みて、良かった!!」と、温かい気持ちになり、ようやく、この舞台に、素直に入っていけました(*^^*)

       ・・・と、まぁ、ストーリーは、一筋縄で行く話ではなかったけれど(・・・まぁ、その後も、色々とね)、なかなか、楽しめるものでした、ハイ!

       そして、市内の6劇団合同なだけあり、函館のご当地ネタから、歌とダンス、演出(客席を利用した演出もありました)も凝っていて、とても、その辺も見ていて興味深いものがありました。

       地元の劇団が結集した凄さを見られて、とても、これは、観て良かったです!(ちなみに、お気に入りの登場役は、オウムと、猿と、マクラ姫です)
       
       ・・・それと、パンフレットを見たら、出演者やスタッフの方々に、TEAM NACSが好きな方々が多くて、嬉しかったです(^^;

       ついでに、余談ですが、ワタシ、アレスの演劇”鑑賞”年数は、12年、好きな舞台は、「星の大地に降る涙」(地球ゴージャス・2009年)、「CUT」(OOPARTS・2010年)、「LOOSER6」(TEAM NACS「5D」)(2011年)、好きな劇団、勿論 TEAM NACSです。

       最後、話がそれまくりで、ごめんなさい・・・m(_ _)m

       追記(2012,1,27) 公演当日の写真が、公式ブログにUPされました。

       こちらのブログ記事です。

      スポンサーサイト

      2015.11.04 Wednesday

      0
        コメント
        劇団G4の仙石です。今日は御来場いただきありがとうございました。いつもいつも見に来ていただきありがとうございます!

        感想もこんなに丁寧に書いていただきうれしいです!これからも函館の演劇の応援をよろしくお願いします!
        今回は、市内6劇団の合同公演という事で、発表がありました時より、注目しておりましたけれど、こんなに素晴らしい公演になっていて、観終わった後、本当に、「凄い」って思いました。

        しかも、今まで観たことが無い、市内の劇団も観られたので、とても良い機会でした!

        今後も、函館の地元の演劇、応援していきたいと思います。
        • by アレス
        • 2011/11/28 10:15 AM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL