スポンサーサイト

2015.11.04 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    CDJ 2012 @2012,7,27 北海きたえーる ステージ編 後編 (札幌 2012・夏 シリーズ(4)) 

    2012.08.02 Thursday

    0
        それでは、CDJ 2012のステージ編の続きです。
       (ネタバレ有りですので、続きは追記で
       
       A-CUEアーティストのライブが終了して、北川さんのトークを挟み、始まったのは、なんと、開演前、1つ前の記事に書いた、安田 顕さん扮する、「ヘコイダーマン」が、ステージ上の20段の階段を、をしながら、駆け上り、”二十”の数字を完成させる(安田さんが、”十”を背負っている)・・・、というものでありました。

       ・・・いやぁ〜、途中、「トラブル」に見舞われたり、他の人が屁をする、「ヘ(屁)ルプ」があったり・・・と、順調に進まず、ヘコイダーマンに熱い応援が飛んでました。

       そして、トラブル間は、森崎博之さん(ジャンボリーダー)の、ジャンボリーの歌斉唱(実は、この時も、ヘコイダー〜の屁優先で、屁が出そうになると、ジャンボリーの歌が中断したりしました・・・。(^^;)したりと、こういった、コーナーの間に、コーナーが割り込むところが、「リアルラジオ」だったのでしょうか、うん。

       ヘコイダー〜前半終了後は、大小(大下宗吾さんと、小橋亜樹さん)による、「ThankCUEショッピング」コーナー。 ここで、亜樹さんが、パンフレットを見て、「河野だぁ〜!」(←(オクラホマ・河野真也さんのことです)といっていたのが、笑えました、個人的に(^^; そして、CD「20.9」の紹介と称して、ライブです。 「きみにキャッチュー」や、「オヤシラズノヨウニ」(←ここでの、音尾琢真さんの歌、素敵でしたね)もよかったのですが、中でも、鈴井貴之さんの「やっちゃうよ。」は、強烈だったし、「つぼみ」は、FAN TANが歌ったのですが、最初は、オクラホマが出てきて、「起きないあいつ」を歌った(・・・確か?)」ので、これは、「えぇ〜っ!?」と思ったけれど、2コーラス目で、元の歌を歌う本人も登場するという訳(カバー曲は、全てそうでした)で、本物(大泉 洋さんと、戸次重幸さん)も登場したので、その時は、本当に、ホッとしました・・・。しかも、鈴井さんと、森崎さんも、2コーラス目で出てきたので、聴き応えあるものでした。

       ヘコイダー〜後半、「ヘルプ」を、様々な方々からの、祝賀メッセージ(「ドラバラ鈴井の巣」に登場した、キャラクターからです)、特に、雅楽戦隊ホワイトストーンズは、3発も、屁をしてました)の」力を借りて、20発成し得た時、妙に感動してました、ワタシも・・・!!

       その感動の気分で、TEAM☆NACS 全曲メドレーに入ります。
       中でも、「捻挫した君」が聴けたのが、嬉しかったかな、今回は、うん。

       そして、様々なCUEソングメドレーで大盛り上り、エンディングです。
       ED曲は、戸次さんの新曲「Joe」です。
       結構、かっこいいロック曲で、戸次さんが、かなり悦に入っている所も、この曲の見どころでした。
       (「タオル振り回して」と言っていたけれど、タオル忘れちゃった、ワタシ・・・(汗))

       そして、「ハッスルマッスルブギ」を忘れてはいけません。
       しかし、安田さんは、「娘が8歳になったから、もう踊るだけだ」みたいな事を言っていたような・・・?
       (・・・どこまで、安田さん、今回のCDJで活躍すれば、気が済むの・・・(^^;)

       勿論、これを踊り、(歌っていたのは、亜樹さんでした、確か・・・)CDJは終了いたしました。
       (その時、音尾さんの顔に、黄色いパンツがかぶさっていたような・・・?)

       とにかく、3回にわたる、長い記事を読んでくれた方、ありがとうございました、札幌の散策記としては、まだ続くよ。

      スポンサーサイト

      2015.11.04 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL